システムの科学

『システムの科学』を読み解く (1) – 人工物の本質はインターフェースである

『システムの科学』という本をご存知だろうか? ノーベル経済学賞の受賞者、ハーバー

システムの科学

『システムの科学』を読み解く (1) – 人工物の本質はインターフェースである

『システムの科学』という本をご存知だろうか? ノーベル経済学賞の受賞者、ハーバー

eserlang

Elixir試飲録 (7) – Erlangの軽量プロセスはどのように実現されているのか?

Elixir/Erlang の最重要コンセプトは「並行指向プログラミング」である

eserlang

Elixir試飲録 (7) – Erlangの軽量プロセスはどのように実現されているのか?

Elixir/Erlang の最重要コンセプトは「並行指向プログラミング」である

scrum-snowman-model

ユーザー視点凝集をめぐる冒険 (2) – 継続的なリリースという罠

前回は「どのようにシステムを切るか?」ということについて考えた。 ところで、何故

scrum-snowman-model

ユーザー視点凝集をめぐる冒険 (2) – 継続的なリリースという罠

前回は「どのようにシステムを切るか?」ということについて考えた。 ところで、何故

受託開発でアジャイルというのはほとんど語義矛盾ではないだろうか

ここ最近、立て続けにアジャイル絡みの事を書きながらこぼれ落ちた考えをここに書き留

受託開発でアジャイルというのはほとんど語義矛盾ではないだろうか

ここ最近、立て続けにアジャイル絡みの事を書きながらこぼれ落ちた考えをここに書き留

coherence

ユーザー視点凝集をめぐる冒険 (1) – どのようにシステムを切るか?

凝集性というのは、どのような尺度でプログラムを分けるかという問題だ。凝集度は高い

coherence

ユーザー視点凝集をめぐる冒険 (1) – どのようにシステムを切るか?

凝集性というのは、どのような尺度でプログラムを分けるかという問題だ。凝集度は高い

Oinker · Chat, Connect and Grow Your Ideas.

知識はツリーではない: 実験的知的生産プラットフォーム Oinker.me の紹介

今回はちょっと趣向を変えて、このゆびてくを運営しているたまチームの活動について紹

Oinker · Chat, Connect and Grow Your Ideas.

知識はツリーではない: 実験的知的生産プラットフォーム Oinker.me の紹介

今回はちょっと趣向を変えて、このゆびてくを運営しているたまチームの活動について紹

cover-noprojects-emag

#noprojects: もう「プロジェクト」というアプローチでは価値を生み出せない

ちょっと前に InfoQ から「#noprojects」という電子書籍が出ていた

cover-noprojects-emag

#noprojects: もう「プロジェクト」というアプローチでは価値を生み出せない

ちょっと前に InfoQ から「#noprojects」という電子書籍が出ていた