Microservices時代のプロジェクト管理を考える (2) – サービス開発者の責任 / 優先順位

水平型から垂直型への移行」によって、今までアプリケーションのビルドまで面倒を見ればよかったアプリケーション開発者は、(マイクロ)サービス開発者となって、サーバーの構築 (Provisioning) から運用の一部まで面倒を見ることになった。一つ一つのサービスの独立性が高くなり、開発者あるいは開発チームの自律性は高まるが、やることが増えた分、外部に対する責任をより明確にしておかないと運用やメンテナンスの局面で様々な問題に直面することが予想される。

前回も少し触れたが、開発者やチームの責任を考えるときは、ソフトウェアのモジュール、あるいはオブジェクト指向でいうところの「責務 (responsibility)」の考え方が参考になる。まずシステムが果たすべき役割を検討して、そこから個々のサービスの責務を割り出し、その責務を実現することを第一優先とする。責任を明確にする理由の第一は、優先度に沿ってリソースを効率よく分配することである。「そもそも我々は何のためにこのシステムを作っているのか」という組織やチームのゴールが共有されてないとバランスの悪いリソース配分をしてしまう危険性が高くなる。

よくある問題の一例として、技術者が技術者の責任を考えると、この優先度の考え方が欠落して必要以上に内部の問題に耽溺してしまうということがある。例えば、技術者の間でよく行われる成果物のチェック方法としてコードレビューがある。スケーラビリティやセキュリティといった比較的目的が明確で判定しやすい指標はよいのだが、可読性や保守性といった、人によって判断が分かれることが多い指標は、無駄に議論が長引いたり、最悪なケースだと技術者同士の衝突に発展してしまうケースもある。

お前さえいなければあああああ!!!
お前さえいなければあああああ!!!

プログラムデザインの良し悪しを判断する時に厄介なのは、重要性が高いものほど多くの人間の同意を取るのが難しくなることである。関数やメソッドレベルの設計はまだ良くても、クラス・パッケージレベルやフレームワーク、アーキテクチャレベルになると、必要になる前提知識も増え、考え方のスペクトラムも大きくなるため、宗教論争的になって同意に至るのは容易ではない。結果的に、声が大きい人の意見が採用されるか、衝突を避けるために同意しづらい事項についてはスルーして、反論されづらい些末な指摘ばかりを繰り返すことになる。

このようなことを避けるため、レビューをするとしても出来るだけ価値の高い外部視点のもの、例えばテストコードをレビューすることを過去の現場では奨めてきたのだが、これも現実にはなかなか難しかった。技術者同士でレビューするとすれば、単体から結合テストレベルのコードになるが、テストの価値が相対的に低いので些末な感じは否めない。受け入れテストなど、もっと上位のテストになれば、ユーザー視点からのレビューも可能になるというのが、Acceptance Test Driven Development (ATDD) などの考え方であるが、以前の記事でFitの失敗を紹介したように、この分野もなかなか前途多難である。

さて話を戻すと、まずサービス開発者の責任を明確にして、責任を果たす限りは自由な裁量に任せるという形にした方が、プロジェクトの参加者全員にゴールへの意識を持たせつつも、無駄なコミュニケーションコストを省くことが出来るし、ゴールと関係ない内部の詳細に耽溺することも無くなる。というわけで、次回以降では、まずサービスの受益者は誰かということを考えて、そこからサービス開発者の果たすべき責任を一つ一つ定義してみたいと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中