DevOpsの起源とOpsを巡る対立

たまチームとして技術ブログを書くようになって、ある日ふと気付いたのだが、そのメインのトピックの一つであるDevOpsという言葉の起源については深く追求しないまま今日に至ってしまっていた。開発と運用が一緒になるとか、あるいはインフラの自動化ぐらいのぼんやりとしたイメージはあったのだが、その運動を起こした人たちとその意図、歴史などについては無頓着なままであった。そこで今回はこの辺の事情について調査を行い、今の知識と照らし合わせながら現状の考えをまとめておきたい。

DevOpsの起源

まず、DevOpsの起源と歴史については以下のサイトに簡単にまとまっている。

Agile 2008 conference

これらの記事によれば、DevOpsという言葉が生まれる一年ほど前、2008年にカナダのトロントで開催された Agile 2008 conference にて、ベルギーのITコンサルタントであるPatrick Debois氏が「Agile Infrastructure & OperationsPDFのプレゼン資料)」というプレゼンテーションを行い、これが後のDevOpsムーブメントの萌芽となったらしい。

このプレゼンテーションで提示されている文脈としては、まず「開発と運用の分離」がある。「What is DevOps?」という資料にも歴史的経緯が解説されているが、元々は分かれていなかった開発(Development)と運用(Operations)という役割が、コンピュータの進歩と共に、次第にそれらを担う別々の専門家が生まれて、最終的には職能として、組織の中では別々の部門に配属される事が多くなったという流れである。

そして、発表が行われたカンファレンスのテーマである「アジャイル開発」も重要な文脈である。このプレゼンテーションのために実施されたアンケートでは、(科学的なサーベイではないと断り書きがあるものの)開発者はアジャイルという方法論に慣れ親しんでいるが、それ以外の部署、運用やインフラ、営業などになると、いわゆるアジリティーはかなり低くなるという結果が出ている。

そして、発表者のPatrick Debois氏は、開発と運用の両方で豊富な経験を持ち、両者の問題をよく理解している、いわば開発と運用のブリッジとなるような人である。その彼がプレゼンテーションで紹介しているのが、データセンターの移行というインフラの仕事をどうやってアジャイル(スクラム)でやるかという事例で、アプリケーションや運用チームがProduct Ownerになるという大変に興味深いものだ。

Velocity 2009 – O’Reilly Conferences

Patrick Debois氏の発表から約一年後、カリフォルニア州サンノゼで開催されたVelocity 2009というイベントで、Flickrのエンジニア(John Allspaw, Paul Hammond)によって発表された「10+ Deploys per Day: Dev and Ops Cooperation at Flickr」というプレゼンテーションがDevOpsという言葉を生み出すきっかけとなった。

このO’Reilly主催のVelocityというカンファレンスのことは知らなかったのだが、インフラ・運用(Web Performance & Operations)がテーマになっていて、参加者もどちらかと言えば開発者より運用系の人が多いようである。このカンファレンスの存在自体が「開発と運用の分離」という事情を象徴するようであるが、そこからDevOpsという言葉が生まれたというのはなかなか興味深い事実である。

さて、件のプレゼンテーションの内容はと言えば、開発者と運用担当者が共通の目的に向かって手を携える事で、一日に10回以上デプロイするような高速な開発を実現できるというものである。まさに Wikipedia などに書かれているようなDevOpsの定義につながる。そして、そこで指摘されていたのは、職能によって分けられてしまった開発者と運用担当者の利害が衝突するようになり、いわゆるセクショナリズムが生じて、いつまでも対立を続けるようになった結果、組織全体が目指すべき本来の目的を見失っているということであった。

この問題は、開発・運用だけにかぎらず、例えば、営業・開発の関係でも、職能で部署が分けられている場合は不可避的に生じる問題である。何か問題が発生した場合に、セクショナリズムが存在すると、その問題を「我々の問題」として認識出来なくなる。そして責任転嫁(finger-pointing)や責任を回避するような保守的な言動が横行するようになる。これは普通の会社の中で働いているたまチーム自身もまさに経験していることでもある。

そして、このプレゼンテーションをベルギーからストリーミングで視聴していたPatrick Debois氏が、「Devopsdays」というイベントを開く事を思い立ち、それが本格的なDevOpsムーブメントの始まりとなった。

devops

NoOps炎上事件

さて、以上の流れでDevOpsというムーブメントが生まれるまでの経緯は大体把握する事が出来たが、その後の2011年から2012年にかけて「NoOps炎上事件」とでも呼ぶべき興味深い事件が起こっているのでここで紹介しておきたい。

事の発端となったのは、2011年にマサチューセッツ州ケンブリッジに本拠地を置くフォレスター・リサーチという調査会社の出した「Augment DevOps With NoOps」というレポートである。

このレポートの主張は、クラウド環境の進歩により自動化が促進されて、将来的に DevOps は NoOps となる、つまり運用というものは必要なくなるというものである。開発者の立場で考えると、昨今のPaaSの隆盛などを見るに、普通に納得出来そうな将来予測ではある。しかしながら、この NoOps という言葉が、運用だけでなく、運用を担ってきた人間さえも否定するように響き、DevOpsという言葉を生み出すきっかけを作ったコミュニティに少なからぬ波紋を引き起こす事となった。

象徴的なのが、DevOpsでは頻繁にその名前が言及される Netflix という会社に当時勤めていたAdrian Cockcroft氏の NoOps に関する記事「Ops, DevOps and PaaS (NoOps) at Netflix」と、それに対するJohn Allspaw氏の反論である。

John Allspaw氏の反論を全部読み通すのはなかなかに骨が折れるが、その長さからして運用のコミュニティを代表する彼の怒りが伝わってくるようだった。しかし、そもそもここで問題にされている事は何なのか?

それは「運用」とは一体何なのか? ということである。Allspaw氏によれば、Cockcroft氏が言うところの「運用」とは、90年代に存在した古い存在であり、相互不理解が原因で開発者にとっての障害かつフラストレーションの原因となっていたが、その反省によってまさに DevOps が生み出されたのだと、そして現代の我々運用コミュニティの人間はとっくにそちらにシフトしているのだと、今更お前は何を言っているんだと、Opsを無くして悦に浸っているようだけど、「運用」という専門領域あるいは責任は変わらずそこにあるし、全然 NoOps になってないじゃないかと、そのような言葉の誤解を指摘している訳である。

この議論は果たして有益だろうか? Allspaw氏の反論は、Opsの誤用を諭しているようで、その実は、彼の所属するコミュニティが信奉しているOpsの定義を主張しているだけのようにも見える。つまり、彼はOpsコミュニティの利害を代表して抗議する事によって、DevOpsが避けようとしていた落とし穴に再び陥っているかもしれないのである。

専門用語の定義問題というのは、その専門性によって縄張り意識を生み出し、セクショナリズムにつながる危険性を孕んでいる。

物理から仮想へ

この言葉を巡る炎上問題から学べる事は何だろうか? それはおそらくDevとOpsという区別自体がナンセンスな時代になったということではないだろうか。その区別が引き起こしていた障害を解消するために DevOps が発明された訳だが、依然として言葉上では区別していたために「NoOps炎上事件」のような対立が起きた。

DevOpsの背景にあった重大な変化は、あらゆるものがソフトウェア化しているということである。分かりやすい例で言えば、仮想化技術によって実現されたクラウドやVPSのような、物理リソースから論理リソースへの移行である。その他、元々はOpsの領域だった、OSのインストールやコンフィグレーション、アプリケーションのデプロイなどの操作もコード化されるようになった。それぞれ、Infrastructure as Code, Operations as Code と呼ばれるものである。

そのようなソフトウェア化した世界にとって、Infrastructure や Operations の区別というのはそれほど重要ではなくなる。あるいは別のレイヤーの話になる。例えば、Microservices概念の出現によって、一つのサーバー(Service)と、プログラム上の一つのモジュールとの概念的な違いが無くなっていくように。

物理から仮想へと言っても、物理的なハードウェアが無くなる事はあり得ない。もしOpsという言葉が有効に機能する領域があるとすれば、それは物理的装置に関連する領域ではないだろうか。言葉というのは視点の問題である。Infrastructure も Operations も、コード化してソフトウェアとして扱えるようなれば、ソフトウェア開発の技術がそこに応用出来る。そこで重要なのはDevとOpsの区別ではなくて、物理なのか仮想なのかという問題である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中