アジャイルを完全体にするインパクトマッピング

ソフトウェア開発は、開発の根拠となる「必要」をどう捉えるか、その考え方の変遷とともに進化してきたと言えるかもしれない。

例えばウォーターフォール開発では、「必要」は疑いの無いもの、予め決定可能なもの、固定のものとして存在していた。製造業において当たり前のように繰り返されて来た、青写真(設計図)があって、それを実現(施行)するという手法である。その後、ソフトウェア開発において「必要」は予め決定出来ないという問題意識の元、計画・実施を細かく繰り返してフィードバックを得られるようにし、ビジネスと開発で密なコミュニケーションを取りながら本当の「必要」を探る、アジャイルという手法が生み出された。そして更には、計画段階で提案された仮説を、計測に基づく客観的な検証にかけて「必要」の精度を上げようというリーンスタートアップに辿り着いた。

インパクトマッピングは、「必要」の背後にある根拠をマインドマップで図示化することによって、アジャイルやリーンスタートアップが見過ごしていた部分を補完し、ソフトウェア開発を更に一歩先に進めるための技法である。

インパクトマッピングの問題意識は、アジャイルと同じところから出発する。我々が見当違いなものを作ってしまう、あるいは必要とされるスピード感がなかなか得られないのは、開発プロジェクトが役割で分断されているからである。ビジネスはビジネスの言葉を語り、エンジニアはエンジニアリングの言葉を語る。利害も一致しない。このようなコミュニケーションの問題をまず解決すべきであるというのがアジャイルの問題意識であった。そこでアジャイルはフィードバックにフォーカスを当てる。イテレーションによりフィードバックの機会を増やし、決して読まれない重厚なドキュメントを廃して、ユーザーストーリーと動くソフトウェアによるコミュニケーションの効率化を計った。

アジャイルによって色んな役割の人間が同じ船に乗り込み、効率の良いコミュニケーションが可能になったが、それでも最後に大きな問題が残されていた。それは、その船がどこに向かっていて、そして何故そこに向かっているかという航海のビジョンをどのように共有するかという問題である。いくらフィードバックを頻繁に密に実施していても、何のためにその作業をするのかという根拠が、単にステークホルダーやマネジャーがそのように言っているから、というだけでは、エンジニアは依然として下請け作業者のままである。チーム全体で「何故」を共有しなければ、マネジャーはエンジニアから知恵を引き出す事は出来ず、ゴールに最短で辿り着くのは難しくなってしまう。

そこでインパクトマッピングは、「我々はどこに行くのか?」というゴールをマインドマップの中心に配置し、そこから具体的なプロダクトを導出する事によって、作業に根拠を与えて、開発チームが自律的に動けるようにする。

map

上図のように、インパクトマッピングは極めてシンプルである。「ゴール(Why?)」に辿り着くためには、「誰に(Who?)」に働きかけて、「どのような変化(How?)」を生じさせるか? そしてその変化(これを「インパクト」と呼んでいる)を実現させるためには「何(What?)」をすればよいのか(作れば良いのか)? おそらく、ゴールを合理的に説明する手法として、これよりシンプルな方法はないのではないだろうか?

何を作るかの根拠は、いつでも中心のゴールを念頭に考える事が出来るので、作業の優先順位や重要度は、このインパクトマッピングを共有する人間全てがクリアに理解出来るようになる。今まではステークホルダーの頭の中だけにあったものが、マインドマップとして視覚化されるわけである。さらにこのマップは、情報の共有だけでなく、新たな「必要」を発見するための強力なツールとしても機能する。誰に働きかけるべきなのか、何を作るべきなのかは、もうマネジャーだけが考えるべき問題ではない。インパクトマッピングによって、参加者誰もがゴールを念頭にアイデアを出す事が出来るようになった。

以下は、インパクトマッピングの公式サイトで紹介されているオンラインゲーム開発におけるマッピングの例である。中心には「100万プレイヤー」というゴールが掲げられている。

im_example

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中