ビジョンを曇らせる誘惑: 技術偏重、一貫性

James Hague (@dadgumjames) 氏は、少年時代に一世を風靡した『パックマン』などのゲームに影響を受けてプログラミングを始めた。高校時代にはコンピュータ雑誌の常連投稿者として活躍、大学卒業後もゲームプログラマーとしてSNES(海外版のスーパーファミコン)向けのゲームを開発した。当時はアセンブリ言語で開発していた彼も、次第にマンネリを感じて高級言語を物色し始め、丁度その頃オープンソース化された Erlang で関数型プログラミングの門戸を叩いて今に至る。

パックマン from Wikipedia

そのようなキャリアを持つ彼が、長らくプログラマとして活動する内に気がついた事があると言う。それは、いつの頃からか新しいアプリケーションをデザインする時には、技術的・実装的な見地から逆算的に物事を考えるようになり、ユーザーやプレイヤーの観点から完成品を想定することが少なくなっていたということだった。

技術者は長くその専門領域に棲息するうちに、その領域の尺度だけで物事の良し悪しを判断するようになる。技術者のコミュニティでは、そのような尺度の元に序列付けが行われて、個々の技術者にプレッシャーを与え続ける。その結果として、何のためにそのアプリケーションを開発するのかということは脇に置かれ、パフォーマンスやプログラムデザインのような技術的達成が優先的に考慮されるようになる。

Hague 氏がプログラミングを始めた頃、プログラミングは彼のビジョンを実現するための道具に過ぎなかった。しかしそれが、プログラミング自体にのめり込むにつれて次第に自己目的化してしまった。そのねじれを解消するために、もう一度原点に戻ろうという思いがこの The Recovering Programmer というタイトルに込められている。

前回の記事「TDD再考 (8) – 凝集性(cohesion)とは何なのか?」で紹介した論理的凝集と機能的凝集の対立もこの問題と密接に関係している。アプリケーションの目的から考えれば機能的凝集を目指すべきところでも、油断すれば技術偏重に陥り、論理的凝集を優先してしまうことになる。そしてこの問題は Hague 氏だけでなく、このブログでも紹介してきたように、ビジネスと技術の対立を解消すべく現れたアジャイルムーブメントによってもフォーカスされてきた。特にその流れの中で提案されたドメイン駆動設計(Domain-driven design, DDD)は、機能的凝集に集中するための方法論だと考えると分かりやすいかもしれない。

アジャイルが指摘したのは、機能的凝集は動くターゲットであるということであった。それまでのソフトウェア開発で念頭に置かれていたような静止したゴールは存在しない。継続的に効果を得るためには、ユーザーとのインタラクションを重ねて、ユーザーにとって意味のある「文脈」を構築していかなければならない。

デジタルマーケティングの世界で長年活躍してきた Joanna Lord (@JoannaLord) 氏は、ブランドマーケティングの観点から、一貫性への過剰な執着がブランドの機能的凝集(coherence)を損なう要因になり得ると指摘する。

彼女によれば、ブランドの一貫性とは、裏を返せばそのブランドが変化せず、(環境が変わっても)常に同じ体験を提供し続けるときに実現されるものだと言う。コメント欄で指摘されているように、コカコーラのような長い歴史の中でブランドが確立しているようなケースではその一貫性を維持する理由があるが、現代の状況の中で新しいブランドを構築していかなければならない場合、一貫性より機能的凝集を目指さなければ生き残りは難しい。

一貫性というのは分かりやすい価値であるが故に過剰に追求されやすい。そして、一貫性を保とうとすれば、新しいアイデアを試したり、大胆な変更を行う事に対して臆病になってしまう。その結果としてユーザーにとっての価値、つまり機能的凝集が時間とともに失われてしまうことになる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中