#noprojects: もう「プロジェクト」というアプローチでは価値を生み出せない

ちょっと前に InfoQ から「#noprojects」という電子書籍が出ていた。

cover-noprojects-emag

この書籍には、それぞれ別の論者によって書かれた6つの記事が掲載されている。「No projects」というそのタイトルの通り、これまで当たり前のように採用されて来た「プロジェクト」というアプローチは既に有効ではない、というのがこれらの記事に共通する主張である。

一見、過激で論争を呼びそうな主張であるが、内容を仔細に検討してみると、アジャイルというものを追求して行けば自然にこの形に到達するだろうなと腑に落ちる内容だった。アイデアとしては、アジャイルがより多くの領域に援用されるきっかけとなった、リーン、あるいはリーン・スタートアップや、このゆびてくでも紹介したインパクトマッピングなどのアイデアをミックスしてより一般的な形で展開させたものである。

そもそも「プロジェクト」とは何だろうか?

プロジェクトには始まりと終わりがある。プロジェクトはあるタイミングで開始されて、そして終了するタイミングは予め決定されている(実際にその通り終了するかどうかは別にして)。プロジェクトの最大の目的は「プロジェクトを終了させる」ことである。プロジェクトには固定の期間と人員、そしてそれに合わせた固定の予算、そして固定のアウトプットが想定されている。つまり、プロジェクトとは、予算を持ってそれを計画する人の都合に合わせる事を目的にしたアプローチなのである。言って見れば、予算と青写真を入れてボタンを押せば、決まった期日にアウトプットが出てくる魔法の箱である。

そんな魔法の箱は存在しない、そして、たとえ青写真通りのアウトプットが出てきたとしても、その時にはすっかり価値がなくなっている、というのが #noprojects の主張である。

プロジェクトというのは、ウォータフォール型開発の最後の遺産だと言えるかもしれない。これまでその存在があまりにも自明過ぎたためにアジャイルの時代になっても生き延びてきた。しかし、アジャイルでは既に、どの段階でもプロダクトをリリース出来るという継続的デリバリー(Continuous Delivery)が普及しつつあり、そのような現場においてプロジェクトというアプローチは形骸化しつつある。

最初に計画を行い、そしてその通りに物事が進んで、予定の期日にものが出来上がってくるという想定は間違っている、必ず想定外の事象が発生して変更を迫られることになるのだから、予め変更に強い体制を整えておかなければならない、というのがアジャイルの考え方であり、自然に #noprojects に繋がるものであるが、実際には多くの管理者がガントチャートを作りたがるし、物事が想定通り進まないのはどこかに原因があって、それを個別に対処して行けばプロジェクトを元のレールに乗せる事が出来ると信じている。頭の中では変化を想定しなければと思う反面、行動としてはどうしてもウォータフォールの影を引きずってしまう。プロジェクトという形態を取る限り、失敗の原因を計画に求める他なく、故により多くの事を予め想定しておこうという考えから脱する事ができない。

あるいは「変化に対応しよう」というアジャイルのスローガンに問題があるのかもしれない。変化があるかないかで言えば、変化がなく想定通りに進むプロジェクトだってあるだろうと主張する人も出てくる。よって、アジャイルかウォータフォールなのかは適材適所なのだという主張も成り立つ。しかし、本当の問題はそこにはない。ソフトウェア開発が開発の中途で想定外の変化を遂げるのは、その中でより価値のあるものを「発見」しようとするからである。ほら、想定通り物事が進んだじゃないか、そういうことだってあるんだ、と言っても、そのようにして出てきたものには既に価値はない、というのがソフトウェアの世界である。よって、スローガンとしては「発見を主眼におかないソフトウェア開発にはもはや価値を産み出せない」と言った方が良いのかもしれない。

継続性

プロジェクトに代わって、新たなモデルとして提案されているのが「継続的な変更の流れ(Continuous stream of change)」あるいは「流れ作業生産(Flow production)」と呼ばれるものだ。「流れ作業」というと、アジャイルが目の敵にしていたテイラリズムを想像してしまうが、ここでのフォーカスは顧客価値に基づく小さな変更を継続的に行うことにある。リーンの「かんばん」などはこのモデルに近い。

そして、ここでのキーワードは「継続性」である。プロジェクトは基本的に large-batch なアプローチであり、リスクも高いしオーバーヘッドコストも馬鹿にならない。これまではプロダクト(アウトプット)ごとにプロジェクトを組むのが一般的であったが、この方法だと新しいプロダクトを計画する度にチームを編成してプロジェクトを立ち上げなければならない。同じプロダクトでもバージョンアップや改修があるときに別のプロジェクトを立ち上げるのはよく見かける光景だ。#noprojects が提案するのは、アウトプットではなく「成果(Outcome)」にコミットするチームを編成し、その成果を実現するために継続的な変更をリリースしていくモデルである。成果とは、組織にとってどのぐらいの「価値(Value)」があるかという尺度で評価される何らかの「変化(Change)」のことだ。

このようなモデルにおいて、プロジェクトに代わって重要な存在になるのは「チーム」である。チームは結果的な価値にコミットするため、同じチームが複数のプロダクトに関わることは自然なことであり、そこに継続性が生まれる。このようなチームを「価値提供チーム(Value-delivery team)」と呼ぶ。これまでのプロジェクトモデルの問題は、プロジェクトごとにチームが編成・解散されることが多く、せっかく蓄積した知識やノウハウの連続性がそこで失われる事であった。

これまでのプロダクトにフォーカスするプロジェクトベースの開発では、開発者、営業、マーケティング、サポートといった、組織内の機能ごとにチームを分けるのが一般的だった。そして、このように役割で組織が分断されるという問題が、このゆびてくでも繰り返し取り上げてきた、アジャイルやDevOps、インパクトマッピングといった考え方が繰り返し指摘する、現代のソフトウェア開発における最大の障害なのである。チームが価値にコミットするためには、そのために必要な全ての機能をチームの中に備えておかなければならない。これを「機能横断型チーム(Cross-functional team)」と呼び、たとえれば、チームがミニチュアなベンチャー企業となるようなイメージである。実際に、#noprojects の記事の中では、ベンチャーキャピタルの組織内バージョンだと指摘されている。

このような機能横断型チームが、小さなサイクルで実験と学習を繰り返しながら価値を発見しようと継続的な努力を続ける、これが #noprojects が提案するソフトウェア開発のあり方である。

#noprojectsの重要なコンセプト

#noprojects では、その手法を構成する重要な要素として、以下の5つのコンセプトを挙げている:

  • 価値(Value)
  • 成果(Outcome)
  • アクティビティ(Activity)
  • ルール(Principle)
  • 継続的デリバリー(Continuous delivery)

チームは「成果」を生み出すために「ルール」に基づいて「アクティビティ」に従事し、その「成果」は「価値」によって測定される。そして、その継続性とサイクルの短さは「継続的デリバリー」によって担保される。

価値(Value)

価値というのはなかなかに厄介な概念である。ほとんど「主観」と同義だと言っていいぐらいに不確かなものであるし、多くの賢人が指摘しているように、数字に置き換えて理解しようとすると途端に落とし穴にハマる危険性が高くなる。#noprojects では、その不確かさはそもそもビジネスをする際には付き物であり、そこが正確に予測出来るのであればマーケットも簡単に予測可能になるはずだが実際にはそうなっていないと、価値問題に深入りする事は避けている。しかしながら、組織が成功するかどうかのファクターのほとんどはこの価値に関わっていて、仮に #noprojects を実現したとしても、それは単にスタート地点に立っただけに過ぎない。

この価値の問題については、以前「我々は何のためにソフトウェアを開発するのか?」という記事の中でも取り上げた。その中で、Ron Jeffries氏による価値の定義「Value is what you want(価値とはあなたが欲しいもの)」を紹介した。価値を突き詰めれば、経済の問題だと考える人も多いだろうし、あるいは文学の問題だと思う人もいるかもしれない。

#noprojects によれば、一度成果として実現された価値というものは、変更を継続しなければ、時間が経つにつれて減衰していくと言う。これが、プロジェクトモデルに代えて継続的手法を取るべきだという主張の直接的な根拠になっている。

成果(Outcome)

成果とは、具体的なプロダクトやアウトプットではなく、価値によって計測可能な変化の集積である。このように表現するとなかなかイメージを掴みづらいが、記事の中では「アクティブユーザーの獲得」や「スタッフ満足度の向上」などが例として挙げられている。

Agile India 2016 - Leadership Day Summary より
Agile India 2016 – Leadership Day Summary より

この「成果」は、以前ゆびてくで紹介したインパクトマッピングの「ゴール(Why?)」に相当する。つまり、インパクトマッピングを利用すれば、成果を実現するためにはどのようなアクティビティを行えば良いかを考える際の助けになるし、かつチーム内での情報共有においても効果的である。

map

im_example

アクティビティ(Activity)

アクティビティとは、成果を生むための必要な個別のタスクのことである。#noprojects では、個々のアクティビティを事前に評価するための手法として「アクティビティ・キャンバス(Activity canvas)」というものを提案している。以下のように、アクティビティにかかる手間をX軸、実現できる価値をY軸とするキャンバスを用意し、そこに個々のアクティビティをマッピングして行く。

Agile India 2016 - Leadership Day Summary より
Agile India 2016 – Leadership Day Summary より

上のようにアクティビティをマッピングして行くと、どのような順番でアクティビティを実施したら良いかという優先順位が自然に現れてくる。#noprojects に限らず、アジャイルで重要なのは、タスクを「高」「中」「低」のような役に立たない優先順位に分ける事ではなく、実施の順序を決めることである(次に何をやればよいか?)。タスクを順序付けることによって同時並行で処理するタスクの数を減らせば、チーム全体のスループットを向上させることができる。

ルール(Principle)

アクティビティの実施方法は完全に自由というわけではなく、多少をコストをかけてでも若干のルールを作っておくことによって、アクティビティとプロセス全体の親和性、あるいはアウトプットの品質を保つ。アジャイルで言えばプラクティスに相当するが、プログラミング、コミュニケーション、セキュリティ、ブランディングなど、共有するルールはプラクティスよりも多岐に渡る。ルールでチームを縛るというよりも、最低限守らなければならない作法を明確にしておくことによって、その他はメンバーの裁量に任せるという意味合いが強い。

ルールの導入にはコストがかかるため、「MoSCoW」という優先度割当の方法が紹介されている。MoSCoWではルールごとに以下の4つのカテゴリーから選んで優先順位を割り当てる。

  • M (Must have) – 必ず従わなければならない
  • S (Should have) – 正当な理由がない限りは従う
  • C (Could have) – 個人の裁量に任せる
  • W (Won’t have) – 出来るだけ避けるべき

継続的デリバリー(Continuous delivery)

#noprojects のような考え方が提唱されたり、あるいは現実的になってきたのは、インフラ技術の進歩によって継続的なデリバリーが実現出来るようになってきたからだと言っても過言ではないだろう。継続的デリバリーを、アジャイル以後のDevOps時代に生み出された最も重要な技術的達成だと位置付ける人も多く、より具体的で分かりやすい継続的デリバリーという考え方をアジャイルの後継とすべきだという主張も見かけた。

まとめ

以上、#noprojects の考え方を概観してみた。

プロジェクトは計画の別名だと言ってもよく、計画を軸にビジネスを進めると本当に重要な価値の追求よりも計画の履行を優先してしまうことになる。#noprojects の問題意識をひと言で言えば、そんな感じになるだろうか。計画・施行のモデルは、同じようなプロダクトを作り続ける事に意味があった20世紀型のビジネスモデルであり、21世紀の今では発見的な手法に移行しなければ新たな価値を生み出す事は出来ない。その意味で、本来は技術者よりも、経営者やマネジメントがアジャイルや #noprojects のような手法を理解しなければならないはずである。しかしながら、マネジメントの利害を考えると #noprojects が世の中の大勢を占めるトップダウン型の企業に浸透するとは到底思えない。これまでプロジェクトマネジャーが担当していた責任をチームに委任することになり、マネジメントの役割は大きく変わる事になるからである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中