Elm沼とKubernetes沼で交互に溺れているうちに1月が終わっていた

ElmCotoami のユーザーインタフェースを作るために選択したプログラミング言語で、そのデザインは JavaScript 界で一世を風靡している Redux の原型になったと言われている。その原型を体験してみたいという単純な好奇心だけで Elm を選択し、分かりやすいチュートリアルに感心したのも束の間、実際にアプリケーションを作り始めると、入り口ではあんなに優しかった Elm の顔がみるみる般若のようになり、気がついたら底なしの泥沼に足を取られていた。

Elm のような、いわゆる純粋な関数型と呼ばれる環境では、言語からコンピューターを直接操作することが出来ない。出来るのはデータの変換だけだ。この変換がいわゆる「関数」で、関数型でプログラマーに許されているのは関数を書くことだけである。しかし、コンピューターを操作出来ないと何も出来ないのでどうするのかと言うと、コンピューターへの命令をデータとして表現して、それを返す関数を作って環境に渡すみたいなことをする。

関数型にはこのような制限があるので、従来の命令型言語でプログラムを書く場合に比べて、かなり回りくどい書き方をしなければならない。しかしその代償として、プログラムは必ず「データの変換」という形に落とし込まれるので、実行時に意図しない動作をすることが格段に少なくなり、デバッグやテストも容易になるというわけだ。

関数型の回りくどさに加えて、Elm には厳密な型システムがある。実は今、開発スピードを減退させている最大の原因はこの型システムである。代数的データ型とか、今まで遭遇したことのないコンセプトに純粋な感動を覚える一方、曖昧さを許さない型システムのおかげで、型を合わせるためにどうすれば良いかというのを考えてるだけで膨大な時間が過ぎて行く。

動的型が、書く時にいかに楽をするか(少ない記述でいかに多くを実現するか)を主眼に置いているとすれば、静的型は、書いた後にいかに楽をするか(起こりうることを明示的に示しておく)ことに主眼を置く。しかし、動的型でも、曖昧に書いて楽をしつつも、危ないと思うところは慎重に書いたり、テストでフォローしたりするわけなので、単純に上のような図式が当てはまるとも思えず、どちらが良いと判断するのはなかなか難しい。動的型の言語であれば、場所によって手綱を締めたり緩めたり出来るのが、静的型だと一律で同じような書き方をしなければならない、というのがなかなか辛いところである。

まだ言語自体に慣れてないということもあるし、これから開発が進んで、規模が大きくなり、複数人で連携するようになったら関数型や型システムの恩恵を実感出来るのかもしれないなと思いつつ、最初の敷居はやっぱり高かったということだけここに記録しておく。

一方の、Kubernetes 沼の方はと言えば、こちらは Cotoami で試行錯誤した成果を仕事の方にフィードバックしたいということで、プロダクションへの導入を目指して色々と準備しているため、Elm よりもより深い深い泥沼となっている。Elm の場合はとりあえずユーザーインタフェースが動けばなんとかなるのに対して、インフラの場合はその辺のごまかしが効かないので、あらゆる側面から検証を行わなければならず、人材の不足も手伝ってかなり余裕のない状況に陥ってる今日この頃(もし、同じように Kubernetes で試行錯誤している方がいたら、情報交換したいなあと思うのですが… @marubinotto までご連絡お待ちしております(切実))。

Kubernetes は未来のインフラだとの意を強くする一方(やっと10年ぐらい前のGoogleに追いついただけとも言える)、アジャイルでない組織に導入してもメリットはあまりないだろうなとも思う。Kubernetes は単なるインフラというよりも、サービスがどのように開発・運用されるべきかという思想が強烈に埋め込まれた環境だと言った方が良いかもしれない。

Kubernetes によって、いわゆるデリバリーサイクルは極限まで短縮され、システムの柔軟性もかつてないレベルで実現出来るようになる。しかしその一方、運用やモニタリングにかかるコストは従来より高いように感じられるし、Kubernetes 自体も高速で進化していくので、そこにキャッチアップ出来る人材も確保する必要がある。例えば、運用において、MTTR (Mean-Time-To-Recovery) よりも、MTBF (Mean-Time-Between-Failures) の方を重視するような組織だと、なかなかこの機動性をメリットだと感じるのは難しいだろう。

既に開発が落ち着いていて安定運用されているサービスを Kubernetes に移行するメリットは、おそらくほとんどない。基本的には開発の初期から導入するのが望ましい。Cotoami はリスクのないオープンソース開発なので、その辺の事情で迷う必要がなく、一番始めのハリボテアプリの段階から Kubernetes で本番 ( https://cotoa.me/ ) の運用を始めて、自動デプロイなどの仕組みも整備出来た。

去年まで、ウチのチームでは、AMI (Amazon Machine Image) のように VM 上で動くホストがパッケージングの単位になっていた。パッケージを作るのも、パッケージをデプロイするのもうんざりするほど時間がかかる。それが Kubernetes/Docker によって、ホストの中で動く一つ一つのプロセスがパッケージングの単位となり、それらの小さな部品を組み合わせてホスト(Kubernetes では Pod と呼ばれている)を作り、それらをまた組み合わせて大きなWebサービスを作るという形に変わり、一度の更新も最小限で高速、しかも無停止ということで、新しい時代の到来を感じずにはいられない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中