Kubernetes の登場でインフラ担当の仕事はますます曖昧になっていくような気がする

アプリケーション開発者は Dockerfile を作るところまで、インフラ担当はサービス構成とデプロイメントパイプラインを整備する、という分担を考えていたけれど…

マニフェストファイルを作ってサービスの構成をデザインしたり、ビルドスクリプトを書いて自動デプロイを実現するのも、もうアプリケーション開発者のレベルで出来る。ここを無理に分業すると、むしろ k8s が提供するサイクルの短さを享受出来なくなる可能性がある。サービスが出来上がってからインフラを移行するというのは k8s の考え方に合わないので、開発の初期から k8s 上で育てるのが標準的なモデルになるが、そのモデルに則って開発して行けば、開発者は無理なくそのプラットフォームを使いこなせるようになる。

つまり、DevOps の問題が、Kubernetes によるマイクロサービス化によって、ますます深刻になる可能性がある。アプリケーション更新のサイクルとインフラ更新のサイクルが限りなく近づいたとき、そこにどこまでのコミュニケーションコストを許容出来るだろうか。

チームとして分かれていることのコミュニケーションコストは決して過小評価することは出来ない。

では、インフラチームは Kubernetes クラスタの管理やモニタリングを担当するようにしたらどうか?

筋的には悪くない気もするが、GKE のような環境が充実してきた時に、アプリケーション開発者が自身で出来る領域はさらに広がって行くのではないかと思う。

さらには、Kubernetes のような環境に適応出来る・出来ない、という形でも大きな分断が起きて行きそうな予感もある。

Kubernetes に限らず、インフラの自動化を進めるためには、アプリケーションパッケージのポータビリティが重要になってくる。しかし、そのようなことを意識して開発しているプロジェクトは案外少ないのではないだろうか。例えば、Twelve-Factor App みたいな指針を全く知らないというのも珍しくないのではないか。そうなると、インフラ担当はアーキテクチャやソフトウェアデザインを指導する立場になるが、これは結構広範な指導を必要とするし、そのような規律を快く思わないエンジニアも多い。

一方で、Twelve-Factor App みたいな指針に慣れているエンジニアは、上に書いたように、自分でアーキテクチャや自動化の基盤を作って行けるので、自律してサービスを開発出来る。

アプリ開発もインフラも、一つのチームに閉じることに越したことはないけれど、多くの組織ではそんな贅沢は許されないだろう。組織全体でインフラを刷新していくためには、どうしても独立したインフラチームが必要になる。でも、マイクロサービス開発のサイクルの短さに合わせて、チーム間のコミュニケーションコストを下げて行くのは至難の業のように思える。

DevOpsの起源とOpsを巡る対立 | ゆびてく

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中